石鑫华视觉论坛微信公众号:石鑫华视觉

 找回密码
 注册会员
查看: 982|回复: 0

[LV工具模块] LabVIEW 2019 Real-Time Module Win32Jpn LV2019实时模块RealTime19.0.0-Jpn32位日文版下载

[复制链接]
  • TA的每日心情
    慵懒
    6 分钟前
  • 签到天数: 3239 天

    连续签到: 109 天

    [LV.Master]2000FPS

     楼主| 发表于 2022-7-1 13:36:56 | 显示全部楼层 |阅读模式 来自:广东省东莞市 电信

    注册登陆后可查看附件和大图,以及购买相关内容

    您需要 登录 才可以下载或查看,没有账号?注册会员

    x
    Windows系统下(Linux和MAC系统下请自行了解清楚)NI的各种软件、模块、工具包、驱动程序,使用NI许可证管理器来激活的,绝大部分的都可以使用NI Lincense Activator来激活:NI序列号Serial Number生成激活工具NI License Activator,LabVIEW/VBAI/VDM/VAS等软件模块工具包破解工具不限版本http://visionbbs.com/thread-490-1-1.html

    视觉论坛的各种NI资源,除了视觉相关的模块有使用外,大部分的都不会使用,仅提供资源不提供技术支持。资源的下载地址一般会同时提供NI官方和百度网盘的地址。某些工具包NI地址失效或没有NI地址,只能使用百度网盘地址;如果百度网盘地址失效过期,可联系论坛客服更新。NI的服务器在美国,有时候速度很慢或下载容易出错,这样会造成安装时各种错误而无法安装。建议在下载完成后,对下载资源做校验和(NI一般会提供MD5或SHA256等)验证,与官方或视觉论坛提供的校验和对比,一致就可以安装;如不一致,则需要重新下载。视觉论坛早期下载上传的资源,基本上都是正常下载的资源;2019后下载的资源,都与NI的正确校验和对比过,保证是正确的资源才上传到百度网盘。校验和工具下载地址:文件Hash计算器FHash,文件校验和验证下载文件正确性验证,MD5值计算、SHA1值计算、SHA256值计算、CRC32值计算http://visionbbs.com/thread-26524-1-1.html

    LabVIEW 2019 Real-Time Module Win32Jpn LV2019实时模块RealTime19.0.0-Jpn32位日文版下载

    自2011版实时模块起,NI提供了中文、日文、英语等三个语言版。本视觉论坛仅提供中文和英文版,日文版本本论坛提供部分版本下载。

    LabVIEW Real-Time模块可帮助您创建在嵌入式硬件设备上执行的可靠、独立的应用程序。
    LabVIEW Real-Time模块是LabVIEW编程环境的一个附加软件,可用于创建和部署用于测试、监测和控制的实时分布式系统应用程序。您可以利用实时操作系统来确保独立系统的可靠性和精确定时。数百个事先编写好的LabVIEW库和硬件API还可以帮助您节省宝贵的开发时间以及实现确定性数据采集。
    LabVIEW Real-Time模块为创建可靠独立的嵌入式系统提供了基于图形化编程方法的完整解决方案。 作为LabVIEW开发平台的附加模块,LabVIEW Real-Time模块有助开发和调试图形化应用程序,并将这些程序下载到嵌入式硬件设备(如:CompactRIO、Single-Board RIO、PXI、视觉系统,乃至第三方PC)上执行。

    使用LabVIEW Real-Time模块的三大理由:
    1. 将LabVIEW图形化编程扩展至独立的嵌入式系统
    LabVIEW Real-Time包含了用于多线程和实时线程调度的内置结构,以帮助您高效地编写稳定、确定的代码。 您可对独立式系统进行图形化编程,使其更长时间地可靠运行。

    2. 利用实时操作系统实现精确的定时和高可靠性
    通用操作系统并不适用于需要严格定时的重要应用。 LabVIEW Real-Time可支持运行NI Linux Real-Time、VxWorks或Phar Lap ETS实时操作系统(RTOS)的NI嵌入式硬件。

    3. 利用各类IP和实时硬件驱动
    您可使用数百个预编写的LabVIEW函数库,比如PID控制和FFT,并用于独立式系统。 NI还提供了大量实时硬件驱动程序和LabVIEW API,适用于大多数NI I/O模块,以实现确定的数据采集。

    百度网盘和NI官方下载地址:
    请注册登录视觉论坛会员,购买附件查看下载地址
    RT2019Ja.txt (593 Bytes, 下载次数: 0, 售价: 10 元)

    LabVIEW 2019 Real-Timeモジュール Readme
    2019年3月

    このファイルには、システム要件、インストール手順、および既知の問題など、LabVIEW 2019 Real-Timeモジュールに関する重要な情報が記載されています。

    概要
    システム要件
    サポートされているオペレーティングシステム
    アプリケーションソフトウェアのサポート
    インストール手順
    製品のセキュリティおよび重要な更新
    新機能と変更点
    既知の問題
    バグの修正
    ヘルプにアクセスする
    サンプルを検索する
    NI製品のインストールを自動化する
    NIソフトウェアをMicrosoft Windows 10と使用する
    NIソフトウェアをMicrosoft Windows 8.1と使用する
    Real-Timeモジュールは、2021年にWindows 7 (32および64ビット)、Windows Server 2008 R2、およびすべての32ビットWindowsオペレーティングシステムのサポートを終了
    法的情報

    概要
    Real-Timeモジュールは、信頼性の高い、スタンドアロンの組込システムをグラフィカルなプログラミング環境で作成できる包括的なソリューションです。LabVIEW開発環境へのアドオンとして、Real-Timeモジュールは、CompactRIOコントローラ、CompactDAQコントローラ、CompactRIO Single-Boardコントローラ、PXIコントローラ、またはビジョンシステムも含む組込ハードウェアデバイスでダウンロードおよび実行できる、グラフィカルな確定的アプリケーションの開発とデバッグに役立ちます。

    システム要件
    Real-Timeモジュールには以下の要件があります。

    • LabVIEW 2019開発システムおよびLabVIEWプロフェッショナル開発システム (32ビット)
    • LabVIEWで推奨される最小容量プラス200 MBのディスク容量
    その他のシステム要件とLabVIEW 2019でサポートされているオペレーティングシステムについては、『LabVIEW Readme』を参照してください。

    メモ

    • Real-TimeモジュールはLabVIEW (32ビット) のみと互換性があります。そのため、64ビットのOSを使用する場合でもLabVIEW (32ビット) がインストール済みである必要があります。
    • ホストコンピュータのLabVIEWで設計するアプリケーションのサイズによっては、LabVIEWで推奨される最小メモリよりも多くのメモリが必要な場合があります。
    サポートされているオペレーティングシステム
    Real-Timeモジュールは、アプリケーション開発に以下のオペレーティングシステムをサポートしています。

    • Windows 10 (バージョン 1809)/8.11/7 SP12
    • Windows Server 2012 R21
    • Windows Server 2008 R2 SP12
    1 NIソフトウェアは、VC2015ランタイムおよび.NET 4.6.2をインストールします。Windows 8.1およびWindows Server 2012 R2でこれらをサポートするには、Microsoft更新プログラムが必要です。これらの更新プログラムのインストール方法については、Microsoft KB2919442およびKB2919355を参照してください。

    2 NIソフトウェアは、SHA-256証明書により署名されています。Windows 7 SP1、Windows Embedded Standard 7 SP1、およびWindows Server 2008 R2 SP1でSHA-256をサポートするには、Microsoft更新プログラムが必要です。このセキュリティ更新のインストール方法については、Microsoft KB3033929を参照してください。

    メモ  今後のOSサポートについては、「Real-Timeモジュールは、2021年にWindows 7 (32および64ビット)、Windows Server 2008 R2、およびすべての32ビットWindowsオペレーティングシステムのサポートを終了」を参照してください。

    メモ  2016年に、Real-TimeモジュールによるWindows Vista、Windows XP、Windows Server 2003、およびサービスパックなしのWindows 7のサポートは終了しました。LabVIEW 2019 Real-TimeモジュールをサポートされていないOSにインストールしたり、その上で実行したりすることはできません。サポートされていないOSに、LabVIEW 2019 Real-Timeモジュールが使用されているアプリケーションをデプロイまたは配布することはできません。また、LabVIEW 2019 Real-Timeモジュールがインストールされているコンピュータで作成されたインストーラは、サポートされていないOS上で実行されている、すべてのバージョンのLabVIEW、LabWindows™/CVI™、NI TestStand™、またはMeasurement Studioと一緒に使用できません。

    2016年に変更されたOSサポートの詳細については、「Why Does My NI ADE Installer Fail on Windows XP/Vista and Windows Server 2003?」を参照してください。

    メモ Windows 32ビットオペレーティングシステムのサポートでは、物理アドレス拡張 (PAE) を無効にする必要がある場合があります。これによりシステムが受ける影響および必要な対策については、ni.com/infoでInfo Codeに「PAESupport」と入力してください。

    Real-Timeモジュールでは、以下のリアルタイムオペレーティングシステム (RTOS) がインストールされます。ターゲットがどのRTOSを使用するかについての情報は、RTターゲットハードウェアのドキュメントを参照してください。

    • NI Linux Real-Time
    • Phar Lap ETS
    • VxWorks
    メモ  各RTOSはLabVIEW機能のサブセットのみをサポートします。各RTOSでサポートしていないLabVIEWの機能と注意事項のリストは、『LabVIEWヘルプ』の目次タブでReal-Timeモジュール→Real-Timeオペレーティングシステムブックを参照してください。

    アプリケーションソフトウェアのサポート
    LabVIEW 2019 Real-Timeモジュールでは、以下のアプリケーションソフトウェアバージョン (サービスパックを含む) がサポートされています。

    アプリケーションソフトウェア
    Real-Timeモジュールでサポートされているバージョン
    LabVIEW2019 (32ビットのみ)
    インストール手順
    NIでは、NI パッケージマネージャを使用してソフトウェアのインストールを自動化しています。NI パッケージマネージャをダウンロードするには、ni.com/infoで、Info Codeに「NIPMDownload」と入力します。NI パッケージマネージャを使用してNIソフトウェアをインストール、削除、およびアップグレードする方法については、『NI パッケージマネージャマニュアル』を参照してください。

    LabVIEW 2019プラットフォームメディアを使用して、Real-Timeモジュールを含むすべてのLabVIEW製品をインストールすることもできます。LabVIEWプラットフォームメディアを追加注文するには、NI Webサイトをご参照ください。

    メモ  この製品をNIソフトウェアスイートまたはNI製品バンドルの一部として購入した場合は、NI パッケージマネージャまたは同梱されているインストールメディアからこの製品をインストールできます。

    RTターゲットに日本語と中国語をインストールし使用する方法
    RTターゲットにインストールして日本語および中国語を使用するには、Real-Timeモジュールを開発用コンピュータにインストール後に以下の手順を実行してください。

    • NI Measurement & Automation Explorer (NI MAX) でLabVIEW Real-Timeソフトウェアインストールウィザードを使用して、RTターゲットにLanguage Support for JapaneseまたはLanguage Support for Simplified Chineseソフトウェアコンポーネントをインストールします。LabVIEW Real-Timeソフトウェアウィザードの詳細については、『Measurement & Automation Explorerヘルプ』を参照してください。
    • システム設定タブを開き、ロケールから日本語または簡体中国語を選択します。
    メモ  RTターゲットのディレクトリ名またはファイル名に日本語または簡体字中国語を使用することはできません。

    RTターゲットを構成する
    NI MAXを使用して、RTターゲットを構成し、ターゲットにソフトウェアとドライバをインストールします。NI MAXは、NI パッケージマネージャまたはLabVIEWプラットフォームメディアからインストールできます。

    • ネットワーク接続されたRTターゲット―MAXでヘルプ→MAXヘルプを選択して表示される『Measurement & Automation Explorerヘルプ』の「リモートシステム」ブックを参照してください。
    • デスクトップPCターゲット―デスクトップコンピュータをネットワークRTターゲットとして構成する方法については、『デスクトップコンピュータをReal-TimeモジュールでRTターゲットとして使用する』ドキュメントを参照してください。labview\manualsディレクトリを参照し、RT_Using_PC_as_RT_Target.pdfをダブルクリックしてドキュメントを開きます。
    メモ  NI Web-Based Monitoring and ConfigurationをRTターゲットにインストールすると、Webブラウザを使用して、ターゲットで一般的な監視およびタスクの構成を行うことができます。NI Web-based Configuration & Monitoringの詳細については、『LabVIEWヘルプ』の目次タブで基本機能→プロジェクトとターゲットを操作する→操作手順→Webブラウザでリモートデバイスを監視および構成するを参照してください。

    製品のセキュリティおよび重要な更新
    NI製品のセキュリティに関する通知を表示または受信登録するには、ni.com/securityを参照してください。NIからの重要な更新の情報については、ni.com/critical-updatesを参照してください。

    新機能と変更点
    • タイムトリガシェア変数のサポートを終了しました。以下のパレット、VI、およびプロパティは廃止されました。
      • タイムトリガネットワークVIパレット
      • タイムトリガネットワークのタイミングソースを作成ノード
      • 「タイムトリガネットワークエラーを処理」VI
      • タイムトリガ:有効プロパティ
      • タイムトリガ:GUIDプロパティ
      • タイムトリガ:最大サイズプロパティ
      • タイムトリガ:スロットオフセットプロパティ
      • タイムトリガ:SMB配列の要素数プロパティ
      • タイムトリガ:SMB変数プロパティ
      • タイムトリガ:表指標プロパティ
      • タイムトリガ:転送時間プロパティ
    • NI Linux Real-TimeでPXIe-8840クアッドコア、PXIe-8880、およびPXIe-8861のPXIコントローラのサポートが追加されました。このサポートはVeriStandに依存しなくなりました。
    既知の問題
    ソフトウェアとドキュメントの既知の問題のリストはオンラインで参照できます。LabVIEW 2019 Real-Timeモジュールの既知の問題の最新リストについては、ni.com/infoでInfo Codeに「lvrt2019kil」と入力してください。

    バグの修正
    以下は、Real-Timeモジュールで修正された一部の問題のIDとタイトルです。このリストは、Real-Timeモジュールの現行バージョンで修正された問題をすべて網羅しているわけではありません。バグIDがわかっている場合は、この一覧で修正状況を確認することができます。

    ID
    修正された問題
    695318Using Auto-Increment file path in Application Builder causes an RTEXE to fail to deploy to a real-time target.
    715800A UDP Multicast read call only works on the first Network Interface Card for NI Linux Real-Time targets.
    718638When using external DAQ timing on a Timed Loop, the first iteration of the Timed Loop may execute without external timing.

    ヘルプにアクセスする
    Real-Timeモジュールについての情報は、LabVIEWからヘルプ→LabVIEWヘルプを選択することでアクセス可能な、『LabVIEWヘルプ』を参照してください。

    サンプルを検索する
    LabVIEWからヘルプ→サンプルを検索を選択して、NI サンプルファインダを起動します。Real-Timeモジュール用のLabVIEWサンプルは、labview\examples\Real-Time Moduleディレクトリにあります。サンプルVIをアプリケーションに合わせて変更したり、1つまたは複数のサンプルから作成したVIにコピーして貼り付けたりすることができます。

    NI製品のインストールを自動化する
    コマンドライン引数を使用してインストーラのユーザインタフェースおよびダイアログボックスの一部またはすべてを非表示にすることにより、ほとんどのNI製品のインストールを自動化できます。

    インストールしようとしているNI製品でMicrosoft .NET 4.6.2が使用されている場合は、NIソフトウェアがインストールされる前に.NETインストーラが実行され、NIソフトウェアのインストールが開始する前にマシンの再起動が必要になることがあります。.NETによる再起動を回避するには、NIソフトウェアをインストールする前に別途.NET 4.6.2をインストールしてください。

    NI製品のインストールの自動化の詳細については、以下の技術サポートデータベース記事を参照してください。

    • 個々のNI製品のサイレントインストールについては、「単一インストーラのインストールのカスタマイズと自動化」を参照してください。
    • NI Software Platform Bundleなど、パッケージ化されたNI製品のサイレントインストールについては、「スイートインストーラのインストールをカスタマイズおよび自動化する」を参照してください。
    • 製品に含まれているNIインストーラのバージョンを確認するには、「ナショナルインスツルメンツのインストーラの種類とバージョンを確認する」を参照してください。
    NIソフトウェアをMicrosoft Windows 10と使用する
    Windowsオペレーティングシステムの最新バージョンであるMicrosoft Windows 10では、以前のバージョンと比べて機能が大幅に変更されています。Windows 10には、新機能が追加されているほか、Windows 7とWindows 8からの機能も統合されています。NIのWindows 10サポートについては、ni.com/windows10を参照してください。

    NIソフトウェアをMicrosoft Windows 8.1と使用する
    NIソフトウェアをMicrosoft Windows 8.1にインストールすると、LabVIEW、Measurement & Automation Explorer (NI MAX)、およびNI 起動ツールなどのNIアプリケーションソフトウェア製品へのショートカットを含む新しいタイルがアプリ画面に表示されます。NIのWindows 8.1サポートについては、ni.com/windows8を参照してください。

    Real-Timeモジュールは、2021年にWindows 7 (32および64ビット)、Windows Server 2008 R2、およびすべての32ビットWindowsオペレーティングシステムのサポートを終了
    Real-Timeモジュールは、2021年にWindows 7 (32および64ビット)、Windows Server 2008 R2、およびすべての32ビットWindowsオペレーティングシステムのサポートを終了します。この製品の2021年5月1日以降に出荷されるバージョンは、これらのOSにインストールしたり、その上で実行したりすることはできません。NIオペレーティングシステムのサポートの詳細については、ni.com/r/win32bitsupportを参照してください。


    法的情報
    著作権

    © 1999-2019 National Instruments. All rights reserved.

    著作権法に基づき、National Instruments Corporationの書面による事前の許可なく、本書のすべて又は一部を写真複写、記録、情報検索システムへの保存、及び翻訳を含め、電子的又は機械的ないかなる形式によっても複製又は転載することを禁止します。

    NIは他者の知的財産を尊重しており、お客様も同様の方針に従われますようお願いいたします。NIソフトウェアは著作権法その他知的財産権に関する法律により保護されています。NIソフトウェアを用いて他者に帰属するソフトウェアその他のマテリアルを複製することは、適用あるライセンスの条件その他の法的規制に従ってそのマテリアルを複製できる場合に限り可能であるものとします。

    エンドユーザ使用許諾契約及び他社製品の法的注意事項

    エンドユーザ使用許諾契約 (EULA) 及び他社製品の法的注意事項はインストール後の以下の場所にあります。

    • 注意事項は、¥_Legal Information及びディレクトリにあります。
    • EULAは、¥Shared¥MDF¥Legal¥licenseディレクトリにあります。
    • NI製品で作成したインストーラに法律情報を組み込む方法については、¥_Legal Information.txtを確認してください。
    米国政府の権利の制限

    お客様が米国政府の機関、省又はその他の事業体 (「米国政府」と総称する) である場合、本書に記載の技術データの使用、複製、再製、公表、修正、開示又は転送は、民間機関用の連邦調達規則52.227-14と軍事機関用の国防省連邦調達規則補足252.227-7014及び252.227-7015に基づく限定権利条項の適用を受けます。

    IVI Foundation Copyright Notice

    Content from the IVI specifications reproduced with permission from the IVI Foundation.

    The IVI Foundation and its member companies make no warranty of any kind with regard to this material, including, but not limited to, the implied warranties of merchantability and fitness for a particular purpose. The IVI Foundation and its member companies shall not be liable for errors contained herein or for incidental or consequential damages in connection with the furnishing, performance, or use of this material.

    商標

    NIの商標については、NI Trademarks and Logo Guidelines (ni.com/trademarks) を参照してください。本書中に記載されたその他の製品名及び企業名は、それぞれの企業の商標又は商号です。

    特許

    NI製品を保護する特許については、ソフトウェアで参照できる特許情報 (ヘルプ→特許)、メディアに含まれているpatents.txtファイル、又はni.com/patents/jaからアクセスできる「ナショナルインスツルメンツ特許情報」のうち、該当するリソースから参照してください。

    374714K-0112

    回复

    使用道具 举报

    您需要登录后才可以回帖 登录 | 注册会员

    本版积分规则

    LabVIEW HALCON图像处理入门教程(第二版)
    石鑫华机器视觉与LabVIEW Vision图像处理PDF+视频教程11种全套
    《LabVIEW Vision函数实例详解》教程-NI Vision所有函数使用方法介绍,基于NI VISION2020,兼容VDM21/22/23
    LabVIEW图像处理教程
    机器视觉商城淘宝店铺
    视觉论坛充值赞助方法

    QQ|石鑫华视觉论坛 |网站地图

    GMT+8, 2024-6-20 08:29

    Powered by Discuz! X3.4

    © 2001-2024 Discuz! Team.

    快速回复 返回顶部 返回列表